アイレス電子工業株式会社

IoTプラットフォーム「A-POM」利用規約

お客様(以下「加入契約者」という)は、アイレス電子工業株式会社(以下「当社」という)が提供するクラウドサービス(以下「本サービス」という)の利用について、以下のとおり合意するものとします。

 

第1条(本サービスの目的)

本サービスは、IoTプラットフォーム「A-POM」を利用し、設備の稼働状況の監視を行うためのクラウドサービスです。

 

第2条(契約の成立・更新)
  1. 本サービスを使用するための契約は、『IoTプラットフォーム「A-POM」サービス利用申込書』(以下「利用申込書」という)を当社が承諾した時点で成立するものとします。
  1. 加入契約者より契約解除の申し入れがない場合、本契約は自動更新するものとします。

 

第3条(本サービスの内容および利用料金)
  1. 当社が提供する本サービスの内容および利用料金は、個別契約書のとおりとします。
  2. 当社は、加入契約者への事前通知することなく、本サービスの内容を自由に変更できるものとします。

 

第4条(本サービスの取り扱い)
  1. 本サービスは、日本国内でのみ利用可能とします。
  2. 本サービスは、当社が提供する説明書の記載内容により正しく利用するものとします。

 

第5条(本サービスの停止)
  1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合は本サービスの一部また全部を必要な期間、停止することがあります。
    1. システムの点検。この場合、緊急時を除き、加入契約者へその旨を事前に通知するものとします。
    2. 第三者の故意、過失による不具合に対策を講じる必要がある場合。
    3. 電気通信事業者が電気通信サービスの提供を停止することにより、本サービスの提供が困難になった場合。
    4. Microsoft Azureサービスが停止することにより、本サービスの提供が困難になった場合。
  1. 当社は前項1-1号から1-4号の事由に基づく本サービスの停止によって生じた加入契約者ならびに第三者の損害について一切の責任は負わないものとします。

 

第6条(エッジコンピュータ等のハードウェア機器のレンタルについて)
  1. 本サービスをご利用するにあたり、当社のエッジコンピュータ等のハードウェア機器(以下、「本機器類」とします。)をレンタルいたします。
  2. 本機器類の利用者は、加入契約者に限ります。
  3. 本機器類の納品については、加入契約者と協議の上、納品いたします。
  4. 本機器類の使用管理責任について
    1. 加入契約者は善良な管理者としての注意義務をもって本機器類の使用・管理を行わなければならない。また、加入契約者は本来の用法、能力に従ってこれを使用しなければならない。
    2. 加入契約者は本機器類の付属部品、その他付属品についても紛失しないように保存し契約終了時に当社に返還しなければならない。
    3. 本機器類の使用・管理について加入契約者に責任がある事由に当社または第三者に損害が生じた場合には、加入契約者の責任においてこれを処理するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 加入契約者の連絡義務
    加入契約者は下記について必ず当社に連絡をしなければならない。

    1. 本機器類に構造上の欠陥がある場合
    2. 盗難、紛失があった場合
    3. 本機器類の破損、滅失その他効用の喪失がある場合
    4. 氏名、商号、住所、連絡先電話番号に変更があった場合
    5. 第三者が、差し押さえ、仮差し押さえ、または権利主張をする恐れがある場合
  1. 加入契約者に責任がある事由による本機器類の破損・滅失等
    加入契約者は加入契約者または第三者の故意・過失、その他加入契約者に責任がある事由(盗難・火災を含む)により、本機器類を故障・破損したときは速やかに当社に修理代金を支払わなければならない。
  1. 本機器類の破損・滅失・盗難等
    当社はレンタル期間中に本機器類が、加入契約者の責任でない事由により故障・破損・滅失した場合、加入契約者から連絡後すみやかに代替品の納品を行うこととします。
    加入契約者は本機器類が盗難・火災により使用不能となった場合には、当社に対し盗難届または被災証明を提示しなければならない。
  1. 第三者への転貸の禁止
    加入契約者は当社の書面による承諾なく本機器類を第三者に使用させたり、譲渡、質入れ、転貸、占有、移転、廃棄等の処分をしたりすることはできない。また、加入契約者は、本機器類の改造、改装をすることができない。
  1. 本機器類の返却
    加入契約者はサービス解約月の翌月10日までに、当社に本機器類を返却するものとします。
    本機器類の返却は、加入契約者が当社に本機器類を引き渡すものとします。
    返却に係る引取費用は加入契約者が負担するものとします。
    加入契約者はサービス解約後も本機器類を返却しない場合、当社に対し使用相当損害金として当社が算出した料金を加入契約者が負担するものとします。

 

第7条(ユーザID及びパスワードの管理)
  1. 加入契約者は、当社より提供されるユーザーIDおよびパスワードについて、適切に管理するものとします。
  2. 加入契約者は、第三者へユーザーIDおよびパスワードを貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  3. 加入契約者は、加入契約者のユーザー情報を本システムへ正しく登録することとします。登録したユーザー情報に変更が生じた場合は、速やかに変更することとします。
    加入契約者によるユーザーIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の不正使用等により発生した損害ついて、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第8条(請求、支払方法)

本サービスの利用料金の請求および支払方法は、利用申込書により決定するものとします。

 

第9条(禁止事項、利用の停止)
  1. 加入契約者は、本サービスの利用に当たって次の各号に該当する事項(以下「禁止事項」という)を行ってはならないものとします。当社は、加入契約者が禁止事項を行った場合には、加入契約者に事前に通告することなく、本サービスの利用を停止できるものとします。なお、加入契約者が行った禁止事項により当社が損害を被った場合は、当社は加入契約者に賠償を求めることができるものとします。
    1. 本規約第4条に対する違反行為。
    2. 日本国の法律に反する違反行為。
    3. 第三者に損失または損害を与える行為。
    4. 本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為。
    5. コンピュータウィルス等有害なプログラムを、使用または提供する行為。
    6. 当社が提供または承認した通信端末の改造、リバースエンジニアリングおよびそれに類する行為。
    7. 本サービスで知り得た、当社および第三者の秘密情報を漏洩する行為。
    8. 当社または第三者の著作権、その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    9. 本契約に違反する行為。
    10. その他、当社が加入契約者として不適切と判断する行為。
  1. 加入契約者が前項の禁止事項を行った場合、その行為に関わる責任は加入契約者が負うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第10条(損害賠償)
  1. 本サービスの提供に関して、当社の責に帰すべき事由により加入契約者が本サービスを利用できないこと(当社が本サービスをまったく提供しない場合、もしくは当社の提供方法の不備によって本サービスが利用できない場合を言います。本規約第5条の定めに基づき本サービスを停止する場合は含みません。)により損害が発生した場合、契約内容の利用料1か月分を限度として当社はその賠償をするものとします。
  2. 当社は、本規約に定める事項を除き、当社の責に帰さない事由から加入契約者に生じた損害、当社の予見の有無にかかわらず、特別な事情から生じた損害、逸失利益および第三者からの損害賠償請求に基づく加入契約者の損害等については、当社は一切の責任を負いません。
  3. 本サービスの利用決定に関して、本サービスで提供されるシステムの機能、性能等に加入契約者の判断錯誤があった場合の不都合については、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 加入契約者は、本サービスの利用に関し、損害を与えたとして他者から何らかの請求がなされた場合、もしくは、訴訟が提起された場合、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第11条(天災等における免責)

当社は、天災、火災、騒乱等の不可抗力、電気通信事業者の提供する電気通信サービスの不具合、Microsoft Azureサービスの不具合、またはその他当社の責に帰することのできない事由により本規約上の義務を履行できない場合においては、その責を免れるものとします。

 

第12条(契約の解除)
  1. 加入契約者から本サービスの契約解除を行う場合は、当社に対し『IoTプラットフォーム「A-POM」サービス解約申込書』によりその旨を通知するものとします。希望する契約解約月の1カ月前までに当社が受理したものを希望する契約解約月の契約解除の対象とします。
  2. 加入契約者に、次の事項のいずれかに該当する事由が生じた場合には、当社は事前の通知および勧告をすることなく、契約の一部または全部を解除することができます。この場合、当社は加入契約者に対して、違約金、損害賠償等の責を一切負わないものとします。
    1. 契約に基づき発生した債務の全部または一部に不履行があり、相当の期間を定めた勧告を受けたにもかかわらず、当該期間に履行しないとき。
    2. 本規約第8条に定める禁止事項を行ったとき。
    3. 利用料金等の支払債務の不履行があったとき。
    4. 監督官庁により営業取消、停止等の処分を受けたとき。
    5. 第三者より仮差し押さえ、仮処分を受け、契約の履行が困難と認められるとき。
    6. 破産、整理、特別清算、民事再生手続開始、会社更生手続開始等の申し立てがあったとき。
    7. 解散の決議、または解散したとき。

 

第13条(本サービスの終了)
  1. 当社事情により本サービスを終了することができるものとします。
  2. 本サービスを終了する場合、当社は加入契約者に対し、事前にその旨を通知するものとします。
  3. 本サービスの終了によって発生した加入契約者の損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

 

第14条(免責事項)
  1. 本サービスにて保管されている加入契約者の蓄積されたデータが、当社の責に帰すべき事由以外により破損もしくは消失した場合、加入契約者に発生した損害について、当社はその一切の責任を負わないものとします。
  2. エッジコンピュータの不具合、または本サービスの不具合により、本サービスで提供すべき本来の機能を失った場合、加入契約者に発生した損害について、当社はその一切の責任を負わないものとします。

 

第15条(データの保存、保存期間)
  1. 本サービスの利用により蓄積されたデータの保存期間は、40日とします。
  2. 前項の保存期間を超過した場合、当社は加入契約者に通知を行うことなくデータを削除することがあります。
  3. 本サービスの利用により蓄積されたデータについて、加入契約者は自らの責任で、CSVファイルデータをバックアップとして保存しておくものとします。
  4. 加入契約者の解約申請の受理後、加入契約者の全てのデータは破棄されるものとします。

 

第16条(データの所有権)
  1. 加入契約者が本サービスを利用することにより生成されたデータの所有権は、加入契約者に帰属するものとします。
  2. 加入契約者は、当社に対し、当社の行うサービスの開発、運営、改善、宣伝・広告等の目的のために、前項のデータを利用、保存、複製、複製物の翻案・改変その他の派生物の作成、送信、配布を行う権利を許諾するものとします。
  3. 前項に基づき当社に許諾された権利は、加入契約者が本サービスの利用を終了した後も有効に存続するものとします。前条第4項にかかわらず、当社は、加入契約者の解約申請後も、前項のために必要な範囲で、加入契約者のデータを保存することがあるものとします。

 

第17条(通知)

当社から加入契約者への通知は、本規約等に特段の定めのない限り、Webサイトへの掲載もしくは電子メールなど、当社が適当と判断する方法により行います。

 

第18条(本規約の変更等)
  1. 当社は本規約の内容を適宜変更することがあります。この場合、加入契約者の利用契約の内容は、変更後の規約が適用されるものとします。
  2. 当社は前項の変更を行う場合、加入契約者へ当社が定める方法で、通知を行うものとします。

 

第19条(機密保持)
  1. 当社は利用契約の履行に際し知り得た加入契約者の秘密を正当な理由なく第三者に漏洩しないものとします。
  2. 当社および加入契約者は電子メールを信書として取り扱い、これを法律の定めもしくは手続きによらずに内容を第三者に開示してはならないものとします。

 

第20条(契約譲渡)

加入契約者は、当社の書面による事前同意なしに本規約上の権利を第三者に譲渡、再許諾し、あるいは担保に供してはならないものとします。また、第三者に義務を継承させることはできないものとします。

 

第21条(協議)

本規約の解釈に疑義が生じた場合、または本規約に定めのない事項については、加入契約者および当社は誠意をもって協議し、解決することとします。

 

第22条(準拠法および合意管轄裁判所)

本規約は日本国法を準拠とし、同法によって解釈されるものとします。また、本サービスの利用に関わる紛争については、和歌山地方裁判所を第一審管轄裁判所とします。

アイレス電子工業株式会社
2019月2月19日 制定

「つなぎ」という次世代のキーワードへ

正しい資質を心がけ、「つなぎ」を人と信頼の基軸として、
ファクトリー、オフィス、地域と世界をつなぐソリューション企業をめざしています

PICK UP


LINK

▲PAGE TOP